社主の移動を手伝ったが大変だった

社主の移動を手伝ったが大変だった

依然20年ごろのケース、社主が千葉から栃木の那須高原に引越をするに関してになり、その加勢をさせられました。何となく田舎ののんびりしたきれいなところに住みたいに関してのようで別荘を購入したようです。引越は組織を申し込むのではなく、自分のところに車両を何席か抱えるのでそれを利用して安くしたいに関してのようです。

 

朝7際くらいに出発して、千葉まで1暇かけて仲間と共に社主の在宅まで行きます。引越の手配、別に積荷がきちんと積めるようになっているならば手早く終わるのですが、到着してみるとあまりの積荷の嵩にびっくりですし、共にパッキングがきちんとされていないのです。こどもが両人おる4パーソン親子ですが、余りに物品が多く目が内容になってしまいました。

 

でも取り敢えず積荷を積んでいかないと仕事は進みませんし、片付かないのでせかすように車両に積んでいきます。5暇ぐらいかかってついに積み終わり、その時既にかなりの疲労を感じていました。そこから3暇運転して、到着後カバン降ろしだ。スムーズに取りやめる状況はなく、出先は暗闇で本当にハードでした。社主の引越のために指導はいえませんでしたが、さらにしたくないって思えた引越でした。