移動をするときの御身近へのごあいさつについて

移動をするときの御身近へのごあいさつについて

「立つ鳥あとを濁さず」というツイートがありますが、引越しが決まったら注意になったご近所の人たちにちょっとした軽食などの手土産を持って、注意になったあいさつを通しておきましょう。引越しをする時折事務所の貨物が来て家財道具や家電物などを運び出す結果近所の人達に迷惑をかけてしまう場合もありますが、「お騒がせして、スミマセン」といった引越しの前にお先に一声かけておくとクレイムを避けることができます。また関係がよかった信頼できる近所のパーソンに転居先の場所や電話番号などを伝えておくと、誰かが元の場所に訪ねてきた場合にも引っ越し先を伝えてもらうことができて安心です。

 

引越しをした業者もご近辺といった円満なお交際を通して行くのは、日々生活をして行くうえで要所だ。戸建ての場合は向う3軒と両隣に、住宅やわが家などの場合は両隣という変位のルームにあいさつ回りをめぐっておきましょう。留守の時に家財道具を預かってもらったり身内が何かのきっかけで課題を起こしたりすることも、無いとはいえません。その際洗剤や石鹸、手拭いなどを受け取りで差しあげるのが一般的ですが、元住んでいた場所の名産の軽食などを差し上げても素材整備にもなり珍しさもあって喜ばれることでしょう。