移転のきのうまでに準備する事例

MENU

移転のきのうまでに準備する事例

わたしが建物を移動するときに困ったのは、自分で思っているよりも積荷は沢山あるに関して。いつもは意思にもとめない図書系統などの「便宜上置いておいた売り物」が全然多いのです。

 

何ともお宝で何十ご時世以後も大切に保護する売り物なら整理する時にも明確な意図がありますが、置いておいても有難いし..処分してもそれだけ傷がない感じを選別するだけで疲れてしまいます。

 

つらい積荷なら1瞬間間近心中を入れて汗を流せば、いよいよ降りることができますが、グッズの集成だけは荒仕事ではないはずなのに何時までも終わらず、精神的に傷が残ります。

 

その時の金言で感じたことですが、「一層並べるものは切り捨てる事」だ。こういう数ヶ月に一回も読もうという思わない図書は、何ご時世以後も読まないので捨ててしまうことです。

 

競売で販売すると、最適対価が付くかも?と考えるといった損失生き方の螺旋に陥ってしまうので、深く考えずにパぱっぱと捨てて次の課題に移ります。